ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~19話「存在に触れてはいけない人物」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~19話ネタバレを紹介しています。

【オトクな情報】

ギルティは1話から5話まで完全無料で読めます。

→ギルティを無料で読む方はこちら

550円分お得です☆

ギルティ19話あらすじ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-無料-19

 

「前に爽さんをお見舞いに」

「お店に若い男が来たじゃないですか」

「あの人、見たことがある気がするんですよね」

 

寺嶋を見たことがあると言ったのは、
チートンのバイトの女の子「未来」。

 

しかも、

その時は瑠衣と一緒にいるところで、

瑠衣を突き倒して、笑いながら立ち去っていった。

と言うのでした。

 

若菜に助けてもらって、少しずつ元気を取り戻した爽。

 

瑠衣の部屋にあった卒業アルバムを思い出し、

マジックで塗り潰された写真になにかヒントがあるかも?

と思うのでした。

 

雑誌の取材としてアポを取るも、

1人では怪しまれる。

と思い、若菜をカメラマンとして瑠衣の卒業した学校に行ったのでした。

 

図書室に行ってアルバムを見た時、
塗り潰されていた写真を見て絶句してしまうのです。

 

塗り潰された写真の下に書いてあった名前は

秋山瑠衣。

顔の雰囲気は瑠衣と似てるけど、表情は暗くて別人の顔。

 

今から10年以上前のこと。

爽が高校生で秋山の実家でご飯を食べていた時、秋山をじっと黙って見ていた少女がいました。右手には痛々しい大きな傷跡がありました。

 

雰囲気から秋山家に関係がある人。

というのはわかるも、秋山も秋山の父親も話しかけようとはしないのです。

 

そのあと1度も見た記憶がない女の子は

「存在に触れてはいけない人物」

として爽の中でも消していたのでした。

 

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

→19話の無料試し読みはこちら

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-無料-19

(会員登録不要で読めます)

ギルティのネタバレを最新話まで一気読みできるページはこちらです

→ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ネタバレまとめ

-ネタバレ