ネタバレ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~28話「どうして私を探さないの?」

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~28話ネタバレを紹介しています。

【オトクな情報】

ギルティは1話から5話まで完全無料で読めます。

→ギルティを無料で読む方はこちら

550円分お得です☆

ギルティ28話あらすじ

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-無料-28

 

夜中に瑠衣からかかってきた電話で、
蛍太を連れ去ったのは瑠衣だとわかってしまった美和子。

 

しかも、

蛍太の口から

「ママはどろぼうなの?」

と聞かされるのでした。

 

そんなコトを知るはずもない息子から予想外の言葉を聞いて、

瑠衣にあの秘密をバラされるかもしれない。

と思った美和子。

秋山に何も言わずにメールで

「蛍太と一緒に帰省します」

電車に乗ったあとに送ったのでした。

 

10年以上、編集として働いていたファッション誌とは違い、まだ慣れていない男性週刊誌の仕事。

秋山からの着信に1度気付くも、忙しくて出れないのでした。

 

仕事が終わってやっとスマホを手に出来た爽。

画面に表示されていたのは

『秋山からの不在着信は21件あります』

というメッセージでした。

 

スマホに表示されてる不在着信の多さに、

「けいたくんに何かあったのかな」

慌てて電話をかけるも、秋山は電話に出ないのです。

 

息を切らせながら走って秋山のお店に向かった爽。

お店の中は照明がついていて、営業してる雰囲気。

 

慎重にドアを開けると、

料理を持って店内を走り回ってる秋山。

爽に気付いた秋山がやって来て

「手伝え」

けいたくんに何かあった訳ではなく、

ひとりで調理と接客もして

お店が回らなかっただけだったのでした。

 

慌ただしかったお店は
爽のおかげでなんとか落ち着き、営業は無事に終了。

 

片付けが終わったあと、2人でワインを飲んでいると、

「ごめんな」

爽が仕事の部署を異動させられた事を若菜から聞いた秋山は、謝ってくるのでした。

 

そのあと、

10年前に瑠衣からもらった手紙を差し出してくるのです。

 

手紙には

秋山への好きな気持ちと、感謝の気持ちが、優しい言葉で綴られていたのです。

 

「どうしてこんなコトを書ける瑠衣があんな風になっちゃったの?」

「秋山がイタリアに行ってる間に、何かあったの?」

今の瑠衣からは想像も出来ない優しい手紙で聞いてみるも、秋山もどうして瑠衣がこんなに変わってしまったのか。

原因はさっぱりわからないのでした。

 

「お前だけは傷付けたくなかった」

「でも、瑠衣から逃げたせいで、傷付けてしまった」

涙を流しながら泣いてしまうのです。

 

しばらく抱き合ったあと、そのまま眠ってしまった秋山。

 

爽は秋山を起こさないように
そおっとお店から出ていったのでした。

 

ブーっ

ブーっ

スマホが振動するバイブの音で目が覚めた秋山。

「どうして私を探さないの?」

瑠衣から電話がかかってきたのでした。

ギルティ
~鳴かぬ蛍が身を焦がす~

ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~-無料-28

→28巻の無料試し読みはこちら

 

(会員登録不要で読めます)

ギルティのネタバレを最新話まで一気読みできるページはこちらです

→ギルティ~鳴かぬ蛍が身を焦がす~ネタバレまとめ

-ネタバレ